“キーワードの分類”がカギを握る

201602-14

ある程度、必要そうなキーワードが見えてきたら、今度はそれを分類していくことを考える必要があります。ここでは、分類の仕方について、考えてみましょう。

 

とりあえず、思いつくままに分類名を入れてみる

まずは、「キーワードウォッチャー」に登録し、2016年1月に検索された、「インフルエンザ」およびそれに関連するキーワードを見てみます。

Infu5

メインである「インフルエンザ」が1位に、それ以外のキーワードとの組み合わせとして、合計20のキーワードの順位が検索できました。

次に、これらのキーワードの組み合わせに対し、分類してみます。

とりあえずは思いつく限り、分類名を入れてみましょう。

Infu6

今回は、症状、潜伏期間、流行、予防、年、検査、タイプ、休み、以上8つの分類名を入れてみました。

次に、これを並び替えてみます。

Infu7

並べ替えのキーには、「分類名」「検索数」を指定しました。

こうしてみると「症状」や「潜伏期間」については、より多くの人が知りたいと考えていることが分かります。

一方で、「検査」や「休み(の期間)」、「タイプ」などに分類されるキーワードは、「症状」や」「潜伏期間」と比較すると、あまり大きなニーズが無いように見えます。

 

ユーザーのニーズをより多く知る

では次に、それぞれのキーワードのグループに対し、検索を行ったユーザーの心理を考えてみましょう。

  • 「症状」で検索したユーザー:何らかの症状があり受診しようかどうかを検討している
  • 「潜伏期間」で検索したユーザー:周りにインフルエンザに感染している人がいて、もし自分が感染していたら、どれくらいで症状が出るかを知りたい
  • 「流行」で検索したユーザー:まだインフルエンザに感染はしていないが、自分の住む地域などでの流行状況を知りたい
  • 「予防」で検索したユーザー:どうすれば自分が感染しなくて済むかを知りたい

 

あくまで予測ではありますが、こういった状況にあることが想定できます。

このうち、コンバージョンにもっとも近い位置にいるのは、「症状」で検索したユーザーです。

すでに何らかの症状がある

それがインフルエンザかどうかが分からないから調べてみよう

もしインフルエンザだったら受診しよう

 

こういった過程を経て、今度は、自宅近くや会社・学校の近くにあるクリニックを検索する、という行動が予測できますね。

 

キーワードの分類はざっくりと、何回も繰り返す気持ちで

自社のサイトに対して検索されているキーワードを分析し、ある程度分類したら、同じことを競合他社のサイトに対しても行ってみます。

場合によっては、同じ分類ができないこともあるでしょう。その場合は、分類が間違っているのかもしれません。もしくは、競合他社のサイトのコンテンツと、自社サイトのコンテンツの内容が、大きく違っている可能性もあります。

キーワードを分類するときに気をつけたいポイントは、「細かすぎると比較しきれない」ことと、「キレイに分かれなければ分類方法を見直す」ことです。

キーワードの分類は、あくまでざっくりと。競合他社と上手く比較できないなら、分類名を少し変えてみてください。これを何回か繰り返せば、それぞれのサイトのコンテンツが持つ強みや、弱点が見えてきます。

これには「こうすれば正解!」という答えはありません。何回も繰り返すことで、だんだんとコツがつかめるようになってきます。いわゆる「SEOコンサルタント」と呼ばれる人たちは、この作業を何回も繰り返すことで、すでにコツをつかんでいる人たちだと思ってください。

 

いかがですか?

キーワードの組み合わせは、ある程度分類することによって、ユーザーのニーズが見えてきます。1つ1つのキーワードは短いものですが、どう組み合わせるか、何と組み合わせるかによって、ユーザーが知りたいことを見つけ出すことも、コンテンツSEOの1つになります。

 

次からは、「自社サイトの見直し」について、6回に分けて考えてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る