copy1-1

コピーコンテンツの問題が重要視されてきている昨今、それでも尚、コピーコンテンツによるトラブルは存在しています。せっかくコンテンツSEOの成果を求めて公開しているコンテンツが、勝手に「コピーされる側」になると、困りますよね。

今回は「やってはいけないコピーコンテンツ」について解説していきます。コピーコンテンツによるトラブルを回避するためにも、チェックしておきましょう。

 

 

 コピーコンテンツに対するGoogleの対応

コピーコンテンツと判断したサイトやページに対し、Googleはどのような対応をするのでしょうか?

主な対応は、以下の2つです。

  • 検索からの表示順位を下げる
  • 検索結果に出さない

それぞれの対応についてみていきましょう。

 

検索結果からの順位を下げる

これは、Googleによるペナルティとしてよく知られている対応だと思います。

実際に、今まで上位表示されていたサイトやコンテンツが、突然検索結果上位から消えるといったことも、決して珍しくはなくなりました。

 

検索結果に出さない

この対応は、表示順位を下げる、という対応よりもさらに深刻なものです。

Googleは、同じような内容のコンテンツが検索結果に並ぶのを防ぐために「コピーコンテンツと思われるコンテンツは、2つ以上(検索結果に)表示させない」という対応をしているそうです。これにより、検索エンジンをより使いやすいものにし、ユーザーへの回答となるコンテンツの提供をしています。

この場合、表示されなくなるサイトやコンテンツは、Googleに「コピーしたコンテンツ」と判断されたものです。そのため、自分のサイトがGoogleにコピーコンテンツと判断された場合には、(実際には違ったとしても)検索結果に表示されなくなってしまいます。

しかし、中には「コピーされた側」であるにも関わらず、Googleにコピーコンテンツと判断されてしまうケースが存在します。もしも、そのような状況に陥ってしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

もしも自社サイトをコピーされてしまったら

オリジナルのコンテンツを作成して公開しているにも関わらず、外部サイトにコピーされてしまい、「コピーコンテンツ」としてGoogleに判断されてしまうことがあります。この場合、どのような対処法があるのでしょうか。

主な対処法としては

  • サイト管理者へのクレーム
  • サービスを管理している企業に削除してもらう

といったものがポピュラーな方法です。

しかし、「なかなか対応してもらえない」と頭を抱える人は多く、コピーされた側の悩みは改善されにくいケースが、実際には存在します。

一般的な対処法は上記の2つですが、他にもGoogleに直接対応してもらうといった方法があります。これは「デジタルミレニアム著作権法」に基づいた対応で、Google側で検索インデックスから削除してもらう方法です。

「DMCA侵害申し立てフォーム」から必要事項を入力し、送信するだけで申し立ては完了します。その後数時間~数日ほどで、Googleから該当サイトもしくはウェブページへの対応に関する連絡が来ます。

自社サイトをコピーされた場合の対処としては、比較的有効な方法です。サイト管理者やサービス管理企業に連絡してもなかなか対応してもらえない場合には、Googleに直接連絡することも検討しましょう。

 

 

コピーコンテンツ と判断されないために

作成したコンテンツが「コピーコンテンツ」と判断されないためにも、コンテンツ作りは慎重に行わなければありません。

コンテンツを作成するにあたり、様々なサイトを参考にすることは大切です。しかし、そのサイトやページに記載されている内容を飲み込み、自分なりに判断し、自分の中で吸収し、自分の言葉で書くことが必要です。

201707-1-2

これを徹底することによって、コピーコンテンツと判断されることが格段に少なくなります。

もちろん、徹底したコンテンツ作りをしていても、意図せずコピーコンテンツになってしまうこともあります。これについては、公開前にチェックツールなどでしっかり確認しておくことをオススメします。

 

 

まとめ

オリジナルのコンテンツを提供していても、第三者にコピーされてしまったり、もしくは意図せずコピーコンテンツに近いものになってしまうことがあります。

Googleから「コピーコンテンツ」と判断されるのを防ぐためにも、適切な対処法を把握しておくことが大切です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る