SEOの第一歩は、自社サイトを徹底的に“調査”すること

201602-08

いざ「SEO対策をしよう!」と考えても、ではどこから手をつければ良いのでしょうか。まずは、自社のサイトがあるならそこから、これからサイトを作る場合はサイトの設計書をじっくりと眺め、改善点が埋もれていないかを確認します。

 

見直しを行うべきポイント

SEO対策の1つに「コンテンツSEO」とよばれるものがあります。ここ数年、コンテンツSEOに気を配ったサイトが増えてきているのも事実です。

コンテンツSEOとは、ごく簡単にいえば「コンテンツの力を利用して、SEO対策を行う」ことであり、これらがいずれ、マーケティングの足掛かりになったり、自社の売り上げ向上に役立つ可能性を秘めています。

では、コンテンツとは具体的に何を示すのでしょうか。

これもごく簡単にいえば、「サイト上に展開している読み物」と考えてください。コラムのような本当の読み物や、自社の商品やサービスの良さを解説した記事、今現在あなたが読んでいるこの記事も、コンテンツです。文字だけではなく、場合によってはグラフなどで補足説明をしていることがありますし、イラストや写真などを多用している場合もあります。

いずれにしても「○○について知りたい」と考えてサイトを訪れてくれた人たちに、何らかの情報を発信しているのが、コンテンツです。

サイトの見直しを行うときは、まずこの「コンテンツ」にどのようなものがあるのか、情報の信憑性はどうか、正確な事柄が示されているか、読んでいて「為になる」と思わせるものなのかを分析することから、サイトの見直しは始まります。

 

良質なコンテンツは、検索されるコンテンツになる

例えば、とても良いコンテンツがあったとします。それを見た(読んだ)人が「この記事(コンテンツ)は良かった」と思ったら、そのコンテンツに対してリンクをはってくれます。これが外部リンク(被リンク)です。

より多く検索されているコンテンツは、外部リンクが多くなり、さらに検索されやすくなる、という特徴があります。

つまり、より多くの人が「良かった!」と思えるコンテンツを発信していれば、自然と検索結果では上位になることができるのです。

では、良質なコンテンツとはどのようなものでしょうか。

少なくても、以下のようなコンテンツは、良質とはいえません。

  • 他のサイトから、良いところだけをつなぎ合わせたもの
  • 自分の考えや意識についてのみ、深く掘り下げているもの
  • イメージや画像は豊富だが、根拠が欠けているもの
  • 文字だけが羅列してあり、核心に迫る内容だとしても、読む気がしないもの

 

例えば、あなたが健康上の不安を抱えていて、病気について知りたいと思ったとき、どちらのサイトのコンテンツが、よりあなたに役立つと考えますか?

A:同じ病気になった人の書いた、病気に対する感想や私見

B:その病気について、原因・症状・治療法など、医学的根拠に基づいて書かれた記事

 

時には、Aの方が「そうそう、そうだよね」と共感できることもあるかもしれません。しかし、病気について知りたい、今後自分がどうなるか、どんな治療を受ければ健康上の不安が払しょくされるかを知りたいときは、Bの方がより良質なコンテンツになるのではないでしょうか。

 

これはあくまで一例ではありますが、どのような分野のコンテンツでも、根拠、データ、ロジカルな考え方など、読む人に対して役に立つものでなければ、良質なコンテンツとはいえません。

どうでしょう?あなたのサイトにあるコンテンツは、良質なコンテンツでしょうか?課題がいくつも埋もれていませんか?これを明らかにすることが、自社サイトを徹底的に調査することであり、課題を改善していくことがコンテンツSEOにつながるのです。

 

 

いかがですか?

Webサイト上に何らかのコンテンツを掲載し、世界に向けて発信することは、意外と簡単です。しかし、より多くの人に読まれるためには、書き手の知識やセンスが必要ですし、読み手が何を知りたいのかを想定することが必要です。これを解決するための考え方が、コンテンツに埋め込まれたキーワードです。

 

次からは、「キーワードの重要性」について、考えてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…