SEO対策のポイント、重要なのはこの4つ!

201602-07-2

SEO対策のポイントはさまざまなものがありますが、特にSEO対策を行っていく手順の中で、重要とされるポイントは、大きく4つあるといわれています。今回は、この4つのポイントを考えてみます。

 

ポイント1:サイト全体の内部設計を見直す

内部設計とは、簡単にいえば「どんな構造のサイトを作ろうかな?」と考えることです。自社の商品やサービスにつながるコンテンツには何を書こうか、そのために重要となるキーワードは何か、こういったことを考えることも、内部設計の1つではあります。

さらに、コンテンツをどう分類するか、サイトマップの構造をどう組み立てるか、データベースとの連携をどうするか、ワイヤーフレーム(何をどこに配置するか、というサイトの設計図面)をどう組み立てるのがより効果的かなども、サイト全体の内部設計になります。

内部設計のポイントは、自社サイト内のコンテンツや商品(サービス)の紹介など、あらゆる「資産」を、検索エンジンに見つけてもらうことです。さらに、その中でも重要なページを認識してもらうことが必要となります。

 

ポイント2:より多く検索されるためのキーワードを検討する

より高品質なコンテンツを作り出すには、より多く検索されるキーワードを見つけ出す必要があります。自社のサイトを新しくオープンさせるときや、大規模なリニューアルを行うときには、この「キーワードの検討」にもっとも多くの時間をかけてください

とはいえ、闇雲にたくさんのキーワードを見つけ出すことは、次の「コンテンツの質を高める」ためには、邪魔になってしまう可能性も秘めています。キーワードが散乱してしまうと、読みにくい、まとまりのないコンテンツになってしまうからです。

より有益なキーワードを見つけるためのコツは、こちらのページを参照してください。

 

ポイント3:コンテンツの質を高める

コンテンツの質を高めるためには、次の3つのポイントを意識してください。

  • どれだけ有益な情報が書かれているか
  • 自分たちのコトバで書かれているか
  • 正しい日本語で書かれているか

このうちもっとも重要なのは、当然ながら「どれだけ有益な情報が書かれているか」です。コンテンツを読もうとするユーザーにとって、有益な情報が書かれていなければ、検索エンジンも見つけてくれません。

また、どこかのサイトからコピーしてきた文字がそのまま羅列している、あるいはコトバの使い方が誤っている表現が多発するようなコンテンツも、検索エンジンは高品質なコンテンツとは判断しません。つまり、これらが検索結果の上位にくることはほとんど無く、自社のサイトそのものの評価が下がってしまうため、商品やサービスに対する集客は望めません。

 

ポイント4:“リンクされること”の効果を検討する

いわゆる「リンク」には、内部リンクと外部リンクがあります。

  • 内部リンク:自社のサイト内にあるコンテンツ(Webページ)から、別のコンテンツへ貼られたリンク
  • 外部リンク:自社のサイト内にあるコンテンツから、他社のサイト内にあるコンテンツへ貼られたリンク、あるいはその逆

SEO対策として重要なのは、他社あるいは個人のサイトなどから、自社のコンテンツへ貼られたリンク=外部リンクです。

ただしこれにも、ある程度のお作法があります。外部リンクの貼り方です。

効果的なSEO対策を考えたとき、有効性が高いのは「関連のある別のサイトから、有益であるとして貼られたリンク」です。では、検索エンジンは何をもって「有益であるとして貼られたリンク」と判断しているのでしょうか。

それは、そのサイトとは関連の無さそうな第三者が、「有益である」として貼ってくれたリンクであるかどうかです。競合他社のサイトから貼られることはあまりないとは思いますが、例えば「競合ではないけど関連性のある企業」からのリンクはとても重要です。さらには、facebookやTwitterなどのソーシャルメディアでは、自由に「ここ、面白かったよ!」というリンクが貼られます。これらの外部リンクがどれだけあるのか、つまり世の中の人たちにとってどれだけ役に立つコンテンツであると紹介されるかが、カギになります。

 

いかがですか?

自社のサイトを立ち上げたとして、まずは一通り、さまざまなコンテンツを掲載してみても良いかもしれません。しかしそこには、綿密な計画が必要であり、それに従った方法で積み上げていくことが、有効性の高いSEO対策になります。

 

次からはいよいよ、SEO対策の第一歩へと進んでいきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る