自社サイトはどうやって見られているのか

201602-19

自社サイトをオープンすると、やがて他のサイトから、リンクを張られることがあります。こういった外部サイトからのリンクを「被リンク」といいますが、良い例と悪い例があります。今回はこの被リンクについて考えてみます。

 

検索結果と被リンクの数は比例しない

いきなりの結論ですが、検索結果の順位、被リンクの数は、必ずしも一致しません。

「被リンク=外部サイトから張られたリンク」ですので、単純に考えれば被リンクが多いほど、より多くのサイトからの支持を得ているように感じますが、必ずしもそうではないのです。例えば「サイト上では優しそうに見える先生だから、ここでの治療は満足するはず」という例で考えてみましょう。

そのクリニックは、交通の便がとても良い、駅の真ん前にあります。親しみやすい入口の構造になっており、内科と小児科の診療をしてくれるようですので、きっとインフルエンザの治療もできるでしょう。ここだけを見ると、これからも通いたくなるクリニックに見えます。

しかし、受付や看護師などスタッフの態度が悪い、子どもが多くて静かに待つことができない、先生はにこやかだけど患者の話を聞いてくれない、患者のプライバシーが守られていない、となるとどうでしょうか。「確かにインフルエンザは治ったけど、もう行かない」となりかねませんね。小児科も併設していることで、子どもやその保護者にとっては良いのですが、高熱で辛い思いをしている成人の患者さんにとっては、あまり行きたくないクリニックかもしれません。

被リンクについてもこれと同じで、いくら数だけが多くても、あまり良質とはいえないサイトからの被リンクや、悪意のある被リンクが多い場合は、自社のコンテンツも「良質なコンテンツ」とは判断されにくくなります。

 

自社サイトへの被リンクの“質”を見極める

2つのクリニックのサイトで考えてみましょう。次の例で見ると、Aクリニックの方が、被リンクが多いので、良いサイトのように見えます。

KeyWord2

しかし実際には、Webの世界は縦横無尽にリンクがつながっています。Bクリニックへの被リンクの数は少ないのですが、実際には「どこから、どのような理由でリンクされているのか」に違いがあります。

KeyWord3

 

Aクリニックは確かに、流入するためのキーワードが多く、8つのルートを持っています。

Bクリニックには、流入するためのルートがAクリニックの半分の4つしかありません。しかし、「インフルエンザの治療ができ、東京で夜間診療も行っていて、しかも痛くない予防接種や治療ができるクリニック」は、会社勤めをしている成人の患者さんにとって、通いたくなるクリニックの条件がそろっています。

この場合、Aクリニックのサイトにたどり着いたユーザーよりも、Bクリニックのサイトへたどり着いたユーザーの方が、実際に受診する確率が高くなりますし、クリニックの雰囲気、スタッフの接客、医師との相性などに問題が無ければ、定着する可能性も高くなりま

 

質の悪い“被リンク”は、否認することもできる

一般的に、被リンクがあるということは、自社サイトの品質に対する評価と見なされます。自社サイトへの被リンクを調べる方法にはいくつかありますが、例えばGoogleが提供する「PageRank」というツールは、外部サイトからの被リンクの状態を判断し、自社サイトのコンテンツの重要性について評価するものです。このツールを使うと、自社サイトへの被リンクの状態をダウンロードすることができます。その中で、「これは悪意がある」など、リンクしてほしくないサイトのURLなどを指定すると、被リンクを「否認」することができます。

ただし、これは高度な使い方になりますし、間違った使い方をすると、自社サイトそのものがGoogleから検索されなくなることもあり得ますので、かなり慎重に作業を進める必要があります。

 

 

次は、Googleの検索エンジンに嫌われてしまう「検索エンジンスパムス」について考えてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る