コンテンツSEOの要 パンダとペンギン!

201604-07-01-500

コンテンツSEOを考えるとき、ぜひとも仲良くしたいのが、パンダとペンギンですよね。

Googleアルゴリズムのパンダとペンギンって何?

パンダとペンギン、どちらもかわいらしい動物ですね。

一見、コンテンツSEOとは関係のないコトバのように感じるかもしれません。しかし、深い関係があるんです。

Googleの検索エンジンには、アルゴリズム(サイトの検索順位を自動で決めるための計算方法のようなもの)があり、適宜、更新・改善を行っています。

その更新の中で有名なものとして、パンダアップデートペンギンアップデートと呼ばれるものがあります。

この2つのアップデートは、SEO対策の基本である内部施策と外部施策のあり方について、重要な考え方が含まれています。

  • 内部施策…Webサイト内のコンテンツ自体の充実や、サイト構造の最適化を図るSEO対策
  • 外部施策…外部サイトからの質の高いリンクを獲得するSEO対策。

 

それでは、パンダアップデートとペンギンアップデートについて、どんな内容なのか詳しくみていきましょう。

 

201604-07-02

パンダアップデート

パンダアップデートは2011年に英語圏を中心に導入された、低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするために、Webサイトそのものの評価を下げたり、ペナルティを与えるというアルゴリズムです。

2012年7月には、日本にも導入されました。

では、ここでいう、低品質なコンテンツというのは、どんなものでしょうか?

例えば、「他のサイトと内容が重複している(オリジナリティがない)」「内容が乏しく、薄っぺらい情報しか含まれてない」「文章の一部を変更しただけのページがいくつもある」といったものです。

裏を返せば、ユーザーにとって「他のサイトとは内容が違う」、「内容が豊富で優良なコンテンツがたくさんある」、「オリジナリティが高い」といったコンテンツを、Googleは評価しているということになります。

 

201604-07-03

ペンギンアップデート

さて、続いてはペンギンアップデートです。

ペンギンアップデートは2012年4月に行われた不正なリンクを検出し、Webサイトそのものの評価を無効にしたり、悪質なものに対してはペナルティを与えるというアルゴリズムアップデートです。

では、不正リンクとはどのようなものでしょうか?

例えば、「量産した無料のブログなどからのリンク」「関係のないサイトとの過剰な相互リンク」「有料で購入したリンク」などのことを言います。

つまり、一昔前に行われていたような過度なSEOテクニックを施したサイトは現在、評価を大きく下げられてしまうということです。

それこそ、ペナルティを受ければ検索結果に表示すらされなくなります。

優良なコンテンツを作り上げ、自然な外部リンクを獲得していくことを、Googleは重要視しているわけです。

 

パンダとペンギンが仲間入りして、SEO対策は変わったの?

このパンダアップデートとペンギンアップデートが行われるようになり、SEO対策のトレンドはどのように変わったのでしょうか?

201604-07-04

以前のGoogleは、外部からのリンク数を重視する傾向があったので、外部施策メインのSEO対策が主流でした。内部施策においても、コンテンツよりもデザインを重視するような傾向がありました。

しかし、パンダとペンギンが導入されてからは、外部施策のみに頼ったSEO対策は意味がなくなり、内部施策の重要性が高まりました。

この傾向は、年々強まっているといわれています。

とはいえ、外部施策はしなくていいというわけではありません。外部からの良質な被リンクはまだまだ重要です。

アルゴリズムが複雑化した今では、一つ一つの施策に大きな効果を期待しにくいのですが、色々な対策を組み合わせることで、より大きな効果を生む可能性が出てきているわけです。

 

Googleアルゴリズムにどう挑むか?

Googleアルゴリズムの正体が分かれば、“SEO対策なんて楽ちん!”と思うかもしれませんが、そうでもありません。Googoleはやはり強敵なのです。

Googleは、2011年だけでも500個以上のアルゴリズム改善を行っているといわれています。

ですから、アルゴリズムを1個ずつ解明しようなんて、意味がないのです。

しかし、今回ご紹介したパンダアップデートとペンギンアップデートのように、改善されたアルゴリズムを理解するヒントはあります。

内容の乏しいサイトは評価されなくなりました。金銭によって得たリンクは価値がなくなりました。

つまり、Googleはユーザーにとって真に有益な情報を届けようとしているのです。ターゲットユーザーにとって「役に立つ」「分かりやすい」、そして「みんなとシェアしたくなる」情報を評価しているのです。

小手先のSEO対策方法は通用しなくなりました。SEO対策には地道な作業が必要なのです。

 

いかがでしょうか。

パンダとペンギン、いずれも白黒はっきりした外見をしていますね。

一説では、最初にパンダアップデートを行ったときのキーパーソンがパンダさんだったのでパンダアップデートという名称になり、その後のペンギンアップデートのときに、白黒はっきりさせるという意味を込めてペンギンが選ばれたのだとか。

パンダとペンギンに牙をむかれないよう、上手に飼いならすことが大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る