ペルソナ設定はコンテンツSEOの初めの1歩

201605-01-01

コンテンツSEOやウェブマーケティングの世界では、ビジネス上の「ゴール」に向け、ユーザーに商品(サービス)を認知してもらうこと、その後の購買活動につながるよう、効果的なメッセージを伝えていくことが必要です。

Who(誰に)、What(何を)、How(どのように)伝えるのか……そのファーストステップであるWho(誰に)を明確化する作業を、ペルソナ設定といいます。

 

ペルソナって何?

201605-01-02

ペルソナって何?と思う人もいるかもしれません。

もともと「ペルソナ」という言葉は、演劇などにおける「登場人物、役割、人格などを意味する」コトバとして用いられていました。さらに、心理学者のユングが「人間の外的側面」をペルソナと定義したことから、広い意味でも使われるようになったコトバです。

マーケティングやコンテンツSEOの分野においても、特定のコンテンツなどを読んで欲しいユーザーの姿の意味で使われるようになりました。

ペルソナ=特定の一人にまで絞り込んだ理想的なユーザー像  となりますね。

 

ペルソナ設定がなぜ必要なの?

 

マーケティングの世界では、テレビ広告のように不特定多数に伝えたい情報を一方的に投げかけるだけではなく、対象を「将来顧客になってほしいユーザー(=見込み客)」に絞って効率よく的確な情報を届けることが大切です。コンテンツマーケティングでいえば、見込み客となりそうなユーザーに、適切な情報=コンテンツを見つけてもらうことが最も重要です。

そのためには、ターゲットとするユーザーを明確にし、そのユーザーが「必要としている情報」を、「読みたくなるようなコンテンツ」にして配信していく必要があるのです。

その、ユーザーを具体化するプロセスが、ペルソナ設定です。

 

そんなことは、今までもされてきているのでは?と思う人もいるかと思います。

従来のユーザー分析手法は「20代の独身男性」「スポーツ観戦が趣味」といったざっくりとしたものであり、「ターゲットユーザー」としてとらえる程度のものでした。

しかし、ここでの「ペルソナ設定」は、さらに踏み込んで、ある特定の一人にまで絞り込んでいきます。

例えば、名前、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といったデータだけではなく、身体的特徴、性格、友達の数、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、よく買い物をするお店や、所有しているモバイル端末などのデータも含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定します。よりイメージを具体化するために、顔写真などが用いられることもあります。

201605-01-03

 どうでしょう。このように「ペルソナ設定」をすると、上の図をみると、従来のざっくりとしたターゲット設定よりも、生活スタイルや置かれている状況が見えてきませんか?どんなことに悩んでいそうかな?こんなものが欲しいのでは?色々とイメージが膨らんできますね。

一方で、絞り込んだ一人が、本当にターゲットユーザーを代表する一人になり得るのか?という不安があるかもしれません。しかし、より「見込み客になって欲しい人物像」を絞りこむことで、相手の心に一歩踏み込んだアプローチ方法を、イメージしやすくなる、ということが重要なのです。 

【ペルソナ設定の3つのメリット】

  • 一人に絞り込むことで、具体的に生活がイメージしやすくなり、ユーザーが抱えている問題点ニーズを発見しやすくなる
  • 一人に絞り込むことで、共感しやすくなり、ユーザー目線の鋭いメッセージを考えられるようになる
  • チーム全体でイメージを共有でき、一貫したコンテンツ作成ができる

 

上手なペルソナ設定がコンテンツマーケティングの要!

 

このように、Webコンテンツマーケティングにおいて、ペルソナ設定は重要な最初の一歩ということがわかると思います。このペルソナ設定が間違っていると、本来顧客になってほしいユーザーに、情報を届けることができません。また、ターゲットではないユーザーにコンテンツを見てもらっても、顧客に育成していくことできません。コンバージョン率を高めるために、ペルソナをしっかりと作り上げ、良質な見込み客や優良顧客を獲得していきましょう。

 

次回は実際に、ペルソナの作り方をみていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る