【セミナー情報】Google アナリティクス アドバンスド ~機械学習の時代に成果を出すためのGA活用最前線~ 2017年10月12日(木)開催

Conference Meeting Seminar Modern Contemporary Concept

2017年10月12日(木)に御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンターで特別セミナー「Google アナリティクス アドバンスド ~機械学習の時代に成果を出すためのGA活用最前線~」を開催します。
Google アナリティクスはまだまだ進化を続けています。分析や施策への展開も機械学習による自動化がキーワードになりつつありますが、まだまだ情報を仕入れて手を動かして成果を出していく活動が必要です。
今回は5人の登壇者をお招きし、企業事例からデータインポートなどの高度な機能の活用法など、Google アナリティクスの少し進んだ活用を中心にお話しいただきます。一般、無料会員の方もご参加いただけます。

このセミナーの概要

第一部:この1年のGoogle アナリティクスの進化を振り返る(講演時間:20分)
衣袋 宏美 氏衣袋 宏美 氏(いぶくろ ひろみ)
株式会社クロス・フュージョン 代表取締役

Google アナリティクスの進化はとどまるところをしりません。この1年でも多数の修正や機能強化などがありました。もちろん新機能をすべて使いこなす必要はありませんが、使えそうな新機能やレポートなどで見逃していたものもあるでしょう。
この約1年の間の10個以上ある更新情報(範囲はウェブ版GAだけに限ります。つまりアプリ版GAやGA360スイート製品群全般はカバーしません)を簡単におさらいし、Google アナリティクスがどういう方向に向かっているのか総括します。一つでも二つでも、見逃していたけど試してみたい機能や使えそうなレポートなどを発見して頂ければ幸いです。

第二部:AIアナリストが実践する、効果的にCV数を伸ばす分析手法(講演時間:40分)
大津 裕史 氏大津 裕史 氏 (おおつ ひろふみ)
株式会社WACUL 代表取締役CEO

株式会社WACULでは、人工知能がGoogleアナリティクスのデータを分析する「AIアナリスト」のサービスで、年間数百サイトのCV数を改善してきました。本セッションでは、コンバージョン(CV)数を伸ばすのに効果的なGoogleアナリティクスのデータ分析手法や、Webサイトの改善事例を解説します。あわせて、今のGoogleアナリティクスについて、担当者の方が抱える悩みや、その解決方法も交えながら、すぐ実践できるGoogleアナリティクスの活用方法をご紹介します。
・成果をあげるためのデータ分析手法
・CV数を伸ばしたサイト改善事例
・現場でよくあるGoogleアナリティクスの悩み / 解決方法

第三部:リマーケティングで成果を出す(講演時間:40分)
山田 輝明 氏山田 輝明 氏 (やまだ てるあき)
NRIネットコム株式会社 デジタルマーケティング事業推進課長

Googleアナリティクスの攻めの機能であるリマーケティング。Googleアナリティクスならではのリマーケティングとは?
具体的に活用するために考えるべきポイントや、リマーケティングリスト作成における課題、RLSAの位置づけについて、実際の企業におけるリマーケティング活用事例から解説します。また、さらに高度に活用するためのDoubleClick連携や、昨年から活用が始まったOptimizeとの連携により実現できることについても触れます。

・なぜリマーケティングなのか?
・GAリマーケティングの特長
・時間とボリュームがリマーケの決め手
・クロスセル、アップセルに使えるGAリマーケ
・DoubleClickとの連携活用
・Optimizeとの連携活用

第四部:明日からできるデータインポート(講演時間:40分)
村山 佑介 氏村山 佑介 氏 (むらやま ゆうすけ)

Googleアナリティクスにはデータインポートという外部データをアップロードする機能が存在します。
主な外部データとは基幹システム内のCRMデータや広告に活用した費用データ、販売している商品に関する商品情報データなど、データの形式や用途も様々です。
Googleアナリティクスでは計測させていなかった外部データと統合することで、ビジネスの目的や用途にあわせてデータを分析することができるようになります。
・データインポートの注意点
・データインポート可能な外部データの種類
・効果的なデータインポートの例

第五部:AbemaTVにおけるKPI設計、GAによる分析と改善(講演時間:45分)
須磨 守一 氏須磨 守一 氏 (すま もりかず)
株式会社サイバーエージェント Webアナリスト

昨今、データドリブンな組織が増えてきているとは言え、ビジネスに携わる一人一人がデータを活用できる仕組みづくりというのは課題の多い領域ではないでしょうか。
本セッションでは、Google アナリティクス 360を導入し「データの民主化」を実現するために弊社で行なった取り組みをご紹介したいと思います。
・KPI設計やログ設計、レポート設計などの導入事例
・データ活用の具体的なサービス改善事例

Google アナリティクス アドバンスド ~機械学習の時代に成果を出すためのGA活用最前線~
開催日:2017年10月12日(木)
場所:御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター2階 ソラシティホール【イースト】
>>詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る