【セミナー情報】コンテンツマーケティング実践講座 2017年12月13日(水)開催

Conference Meeting Seminar Modern Contemporary Concept

これまでのマス広告、DM、チラシのように商品情報だけを発信し続けて、反応してくれるのは自社の商品やブランドを知ってくれている顧客です。多くの企業の予算が年々削減されているなかで、これまで自社の商品やブランドを知らなかった顧客を振り向かすにはこれまでと異なるアプローチが必要です。

そこで注目されているのが、ターゲットとなる生活者が感じている課題に対して、商品の周辺情報を使いながら課題解決をすることによって気付きを与える「コンテンツマーケティング」です。それはTVCMなどの広告のために撮影した素材をWebやスマートフォンのサイズに合わせて組み替えたものではありません。

ターゲットとなる生活者が知りたい情報からコンセプトを打ち出して設計されたものです。そうしたこれまでの広告で求められてきたものとは異なる発想がいま求められています。

コンテンツマーケティングを成功させるには、従来の広告と組み合わせた最適なコミュニケーションプランニングを行うことが必要です。それはテレビ広告に替わるだけの認知のボリュームを稼げるメディアもなければ、バナーやリスティングで顧客を刈り取ることが全くできない訳ではないためです。

オウンドメディアに注力をすることで差別化を図りたいのであれば、認知から購買までのストーリーづくりが差別化の源泉です。見た目以上にこのロジックを丁寧に構築することがコンテンツマーケティングを成功させる王道です。

そこで宣伝会議では、広告とコンテンツの違いから、コンテンツの考え方、運営の仕方、そして効果測定までのノウハウを学ぶ「コンテンツマーケティング実践講座」を開催します。

このセミナーの概要

10:00 – 12:00 コンテンツマーケティングの概要と戦略設計 (佐藤 秀樹氏)
・コンテンツマーケティングとは
・コンテンツマーケティング実践の手順
・目的とゴールの明確化
・ユーザーの理解と定義
・ユーザー中心のコンテキスト設計

13:00 – 14:30 効果測定とオウンドメディア運営 (佐藤 秀樹氏)
・詳細な実施策のプランニング
・カスタマージャーニーの設計
・運用フェーズでの施策改善
・効果指標設定のポイント
・コンテンツマーケティングのPDCAサイクル
・ワークショップ

14:45 – 16:45 3つのインサイトとコンテンツ企画 (嶋 浩一郎氏)
・広告とコンテンツの違い
・企業が自らコンテンツをつくる意味
・コンテンツの発想法
・制作したコンテンツに人を集める
・ケーススタディ

17:00 – 18:00 成功するためのオウンドメディア運営のコツ(藤原 尚也氏)
・顧客の思考に沿ったメディアづくり
・集客と回遊施策
・ファネル層を意識したキーワード
・記事を書く際の注意点
・運営体制
・ファネル別の記事による顧客のファン化
・記事展開施策

コンテンツマーケティング実践講座
開催日:2017年12月13日(水)
場所:新青山東急ビル8階 宣伝会議セミナールーム
>>詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る