SEO・コンテンツSEO・コンテンツマーケティングを区別できますか?

201704-02-1

今回は基本に戻った話をしたいと思います。

「もう分かっているから、時間の無駄」と思ったアナタ、ちょっと待った!基礎をしっかり理解しておくことが、今後、アナタの人生に大きな差を生み出すかもしれませんよ。

 

SEOとは

 

SEOとは、ユーザーにとって有益で快適なサイトを作成するのは当然ですが、それと同時に、検索エンジンによる検索結果で、上位に表示させるためのさまざまな手法をまとめてこう呼びます。検索エンジンにはいくつかの種類がありますが、基本となるのはGoogleの検索エンジンだと考えて良いでしょう。

2016年末現在の日本では、検索エンジンの利用率はが、その次はGoogleです。しかし、Yahoo!もBIGLOBEもau oneも楽天も、検索用の画面に違いはありますが、検索エンジンはGoogleのものを使っていますので、どこのサイトから検索を行っても、検索結果はほぼ似た様な順位を示します。つまり、Googleの検索エンジンが「良い」と判断するようなWebサイトを適宜公開していくことが、SEO対策の近道といえます。
また、SEOは大きく内部施策と外部施策に分けて考えます。

201704-02-2

内部施策は、上記の通り「自分たちで何とかできる施策」です。Webサイト上で公開する情報を、適切な形に作り上げれば良いのです。

問題は外部施策。これは、どこかの誰かに「このサイトは良いね!」と感じてもらうことが必要です。つまり、自己満足で終わるのではなく、より多くのユーザーから「良いサイトだ」と判断される必要があるのです。

一時期は「被リンクをお金で買う」という手法もありましたが、現在のGoogleはこれを厳しく取り締まるようになりましたので、有効な施策ではなくなりました。

 

 

コンテンツSEOとは

 

コンテンツSEOとは、先ほどの“SEO”の前に“コンテンツ”をくっつけたものです。

SEOとは、Internetを利用しているユーザーに対して、Googleが「これは良い」と判断するようなWebサイトを構築していくことですから、今度はその中身に注力します。

コンテンツとは、Webサイト上に公開されている、情報や内容、そしてその見せ方です。ではGoogleはどのようなコンテンツを「良い」と判断するのでしょうか。一例を挙げると

  • 多くのユーザーが「知りたい」と思う情報がまとめられている
  • 正しい日本語で、適切な文字数で書かれている
  • その結果、多くのユーザーがじっくりと読んでいるという実績がある

おおよそは、このように判断して良いでしょう。

一方で、Googleが「良い」と判断しないのは、どのようなコンテンツでしょうか。

  • 広告ばかりで中身が無い
  • 他のサイトからのコピーばかりで、独自性が無い
  • 多くのユーザーに読まれていない  などがあります。

Googleは、「これが良いサイト」「これは悪いサイト」という見本を示しているわけではありませんので、難しい部分もあるのですが、少なくとも1つ目と2つ目は分かりやすいですね。

3つ目については、例えば「クリック率は高いが、滞在時間は短い」とか、「同じWebサイト内へのページ遷移が見られない」「外部サイトからの被リンクが無い」というのも、基準になるでしょう。

また、情報の出所がどこか?というのも問題になります。ウソ偽りのある情報、書いている人の思い込みによる情報は、「良い」とは判断されません。参照元があるならそれを明記すること、根拠(エビデンス)のある情報をまとめること、なども必要となります。

例えば、医療に関する情報は、エビデンスが命ですので、信頼性が低いところよりも、信頼性が高いところからの情報であることが条件となります。

201704-02-3

 

 

コンテンツマーケティングとは

 

では、コンテンツマーケティングとは何でしょうか?

マーケティングとはそもそも、「商品やサービスを売っていくための販売戦略」のことです。この中の1つとして、コンテンツを利用する、というのがコンテンツマーケティングです。

この場合の“コンテンツ”とは、何もWebサイト上に公開されているコンテンツ=記事 だけではありません。企業からのメールマガジン、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアも含まれます。コンテンツSEOとの違いを見てみましょう。

201704-02-4

 

 

コンテンツマーケティングとSEOの関係性

 

コンテンツマーケティングを進めていく上では、もちろんコンテンツSEOも必要です。しかし明確な違いは、そのゴールは何か?ということです。

  • コンテンツSEOのゴール:検索結果で上位に表示され、より多くの人に読まれること
  • コンテンツマーケティングのゴール:コンテンツSEOやその他の手法を用いて、最終的には売り上げを上げること(顧客を獲得すること)

 

コンテンツSEOは、誰にどのようなタイミングでコンテンツを読ませるか?を主題として考えます。ここで必要になるのが、ペルソナという考え方です。まずは、より多くの人が「知りたい」情報を、キレイに簡潔に、頭を悩ませることなく読んでもらえる様にまとめていくことになります。

一方のコンテンツマーケティングは、潜在・顕在ユーザーから、見込み客へ、さらには顧客へとナーチャリング(育成)していく必要がありますので、ユーザーの状況に見合ったコンテンツへ、上手く誘導していく必要があります。つまり、複数の段階に応じたペルソナを考えていく必要性が出てきますし、それぞれの段階のペルソナに適切な情報を、適切な形で提供していくことが求められます。

 

 

いかがでしょうか?

SEO、コンテンツSEO、コンテンツマーケティングは、それぞれに対する考え方が必要ですが、すべてがどこかでつながっているものでもあります。でも基本となるのは、やはり「文字の力」なのかもしれません。誰に、何を、どうやって伝えていけば効率的なのか。これは常に頭の中に置いておく必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る