企業にとってのSEO?

201602-04

企業が「SEO対策」を考える「きっかけ」は何でしょうか。SEO対策がしっかりできていれば、自然とその企業のサイトは、検索結果で上位に表示されることになります。ではそこから何が生まれるのかを、考えてみましょう。

 

Webサイトから企業の収益につながる流れ

SEO対策を行う目的は、より多くの人に「自社サイトを見てもらう」対策を施すことで、自社のビジネスを成長させることにあります。分かりやすくいえば、集客や利益拡大につなげていく、ということです。

例えば、Webサイトで何かを検索するとき、その人の頭の中は「○○について知りたい」という欲求があります。現在では、これを解決してくれるのが「検索エンジン」です。

一昔前なら、「○○について困っている」場合、企業からの広告(紙媒体も含め)により、商品の購入を検討するのが一般的でした。しかし、IT技術の進歩により、世の中には「広告」があふれ出したことで、必ずしも商品やサービスをうまくアピールするツールではなくなってきたのです。

現在では、「○○について知りたい」と考えたとき、適切な情報を提供するサイトにたどり着くことができます。企業のサイト側は、「取り扱う商品やサービス」の情報だけではなく、それらに付随した有益な情報を掲載しておくことで、より多くの人に「○○」に関する情報や、自社の考え方や取り組みなどを見つけてもらうことができます。その結果、自社の商品やサービスが受け入れられることで、収益につながっていくのです。

 

広告対策も、収益アップの1つの道

とはいえ、広告対策も無駄な投資ではありません。広告の表現の仕方はいろいろありますが、もっとも多くの人の目にとまるのが、Googleなどの検索結果に表示される、リスティング広告ではないでしょうか。

リスティング広告とは、検索結果とともに表示される広告のことで、GoogleやYahoo!の場合、検索結果の上部や右サイドなどに表示されています。

GooglePP

 

 

「○○について困っている」人は、このような広告にも注目しています。そのまま自社のサイトへ誘導できれば、いずれは自社の顧客になってくれるかもしれません。自社のサイトの内容にもよりますが、「○○の解決策」をうまく伝えることが出来れば、「買う」ことにつながり、自社の収益につながるわけです。

 

闇雲な対策は逆効果

では、SEO対策とリスティング広告、どちらがより効果的なのでしょうか。

まずは、それぞれの特徴を知ることが必要です。

  • SEO対策:検索アルゴリズムによって検索される自然検索(オーガニック検索 ともいいます)結果であり、上位に表示させるためには多くの時間と労力、コストを要するが、有益なコンテンツを通じて信頼感を与えることができる
  • リスティング広告:広告の品質やキーワードの入札価格などにより上位に表示させることができ、設定にそれほど時間も取られないため、比較的早いうちから効果を得ることができる

いずれにしても、その先にある「自社サイトに有益な情報を掲載する」ことは必須ですが、自社サイトへの呼び込み方法として、大きな違いがあります。

重要なのは、「誰に」「何を」売り込みたいのか、そのために適切な方法は何かを、事前にしっかりと分析することです。SEO対策には、有益な情報を掲載した多くのコンテンツが必要です。

一方のリスティング広告なら、コンテンツ数は少なくて済みますので「売りたい商品は1つだけ!」という場合には、SEO対策よりも有効なケースがあります。

 

いかがですか?

企業がWebサイトを利用して収益を上げたいと考えたとき、リスティング広告をうまく使うという手法があります。しかしSEO対策がしっかりしていれば、特に広告費にお金をかけなくても収益アップは見込めるかもしれません。どちらが自社にとってより有効なのか、じっくりと分析することが必要です。

 

次は、SEO対策の落とし穴について考えてみます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る