コンテンツを生み出すライターって、どんな人?

201605-19-01

コンテンツSEOをすすめる上で、非常に重要な役割を担って頂くのがライターさんです。今回は、ライターさんについて考えてみます。

 

 “ライター”って、どんな仕事?

そもそもライターという職業は何なのか、ビジネスパートナーでもある、フリーライターさんに聞いてみました。

彼女(女性です)がいうには、

  • 文字通り、何かを書くことで、生計を立てている
  • ただ書けば良いのではなく、相手が何を欲しているのか、が常に根底にある
  • この場合の相手とは、直接のクライアントと、その先にいる読み手
  • ライターには、2通りいると感じている
    • 自分のコトバで何かを書き続ける、ライター
    • 他人のコトバをつなぎ合わせて書く、リライター
  • リライターの仕事に甘んじている人は、なかなか進歩できない
  • ライターは、常に生みの苦しみを味わっている

だそうです。

僕が一番共感できたのは、クライアントだけではなく、その先の読み手のことを考える、という点です。当たり前かもしれませんが、せっかく仕事をお願いするわけですから、やはりそういう気持ちを常に持っているライターさんが良いな、と思います。

 

ライティングで生計を立てられる人はどれくらいいるのか

僕が会ったことのあるライターさんは、企業に属している方もいますが、前述の方のように、フリーでいくつもの仕事を掛け持ちしている方もいます。その場合は、いわゆるクラウドソーシングが多いようです。

クラウドワーカーの中で、実際にライティングで生計を立てている人がどれくらいいるのかを調べてみました。

ちょっと古いデータではありますが、中小企業庁の「2014年 中小企業白書」によると、クラウドソーシングでの仕事がどれくらいの収入につながっているかが分かります。

201605-19-02

このうち、実際に生計を立てているかどうかの基準を、月額30万以上として考えました。その根拠は、国税局が公表している「民間給与実態統計調査結果」です。これによると、平成26年の日本の給与の平均がおよそ360万円ですので、単純に月額が30万円という計算です。

すると、個人(非事業者)でその金額を稼げる方はわずか0.3%、1000人中3人くらいしかいないことになります。グラフにすると、色さえ見えない!

この中にはライターさんだけではなく、イラストレーターさんやカメラマンさん、プログラム開発等などを請け負うIT技術者さんもいるようですので、一概にはいえません。でも、意外と少ないなと思いました。

 

コンテンツSEOに必要なスキルのライターって、実は一握り?

マーケティングやSEOで求められるライティングのスキルって、結構高いものだと思います。実際には、こんな感じでしょうか。

201605-19-03

 

もちろん、ライターさんの中には、起業されている方もいますし、ライティング事務所などに属している方もいますので、クラウドワーカーがすべてではありません

ただ、確実にいえることは「コンテンツSEOを進める限り、どこのWebサイトでも、赤いランクに属するライターさんが求められている」ことだと思います。このランクのライターさんは、クラウドワーカーだったとしても生計が立てられるポジションにいるでしょうから、良い記事を書いてくれるのではないでしょうか。

 

 

今できることではなく、これからどうしたいのか

僕は時々、新しいライターさんに仕事をお願いするとき、あるいは付き合いのあるライターさんに新しい分野の仕事をお願いするとき、「こういう記事って書けますか?」という聞き方をします。その時に返ってくる答えって、2通りある気がします。

  • やったことは無いけど、がんばってみます
  • その分野は経験がないので、出来ません

このような答えが返ってきたとき、仕事をお願いしたくなるのはやはり前者の方です。

先に得意分野を伺うこともありますが、それ以外の分野の記事に対して前向きであるかどうかというのは、けっこうその人の内面を判断するポイントになります

「今のスキルで役に立てるか」ではなく、「この先、いろいろなことに挑戦したいか」というのは、仕事をする上で必要な考え方だからです。もちろんライターさんに限らず、ですが。

その辺りが、イケてるライターさん(生計をたてられるライターさん)と、そうではないライターさんの分かれ目なのかもしれませんね。

 

 

いかがでしょうか。

日本では、2014年頃が「コンテンツマーケティング元年」といわれていたようです。きっかけは、Googleのパンダアップデートが日本でも浸透してきたことなのだと思いますが、そのころから急に、Webライティングができるライターさんへの需要が高くなっているのは事実です。

というわけで、今の経験値以上の何かに挑戦したい、イケてるライターさんを募集します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サービス

  1. ccs
    お客様のマーケティングの課題を、MAコンサルタントとコンテンツディレクターとライターによるチーム…
  2. c-seo-cs
    キーワード選定、コンテンツ企画、KPI設定、KGI設定を行い、コンテンツSEOを実施します。また、毎…
  3. rcs
    WEBサイトのコンテンツの充実をアウトソ−シングする、リモートコンテンツディレクターサービス。お客様…

ピックアップ記事

  1. 201604-04-01

    2016-4-28

    売り手と買い手、思惑の違いを理解する

    コンテンツSEOとは、簡単にいえば“優良なコンテンツでユーザーに気に入ってもらうサイトを作る”ことで…
  2. 201603-09

    2016-4-26

    ユーザーの“仮面”を被ることが出来るか

    ユーザーが何かを検索するとき、どのような心理状態にあるのでしょうか。ここでは、検索におけるユーザーの…
  3. 201603-01

    2016-4-25

    Webマーケティングって何?を理解する

    「Webマーケティング」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。 このコトバには、2つの意味が入…
ページ上部へ戻る