ライターと編集者の甘くない関係

ライターと編集者の甘くない関係

ライターさんと編集者(ディレクターも)の協力体制が上手く構築できると、コンテンツSEOで重視される「優良なコンテンツ」ができるのだと思います。今回は、両者の関係性について考えてみます。

 

コンテンツ作成は、ライターとディレクターの共同作業?

以前、コンテンツをどうやって作っていくのかという流れについてご説明しましたが、コンテンツSEOを請け負っている企業は、どこも似たような感じではないかと思います。

ちょっと、振り返ってみます。

201605-18-02

 

では、この流れの中で、両者の役割がどのようにすみ分けをしているのか、というのが今回の本題です。

 

ライターと編集者との棲み分け

 

すみわけ というコトバには、「住み分け」と「棲み分け」がありますが、意味はほぼ同じですので、今回は敢えて「棲み分け」を使います(感覚的な問題)。

僕たちは、1つのコンテンツを作り出すために、次のような進め方をしています。

201605-20-04

せっかく書いて頂いた原稿でも、こちらの指示(意図)が上手く伝わらないときは、やはり数回の修正が発生することもあります。

さすがに「バトルが勃発する」ことはありませんが(今のところ)、必要があれば何度でも打合せをしますし、かなり白熱した議論になることもあります

 

 

編集者(ディレクター)の視点ももったライターさんって、貴重!

本来であれば、前出のイラストのようなキレイな棲み分けが理想なのですが、Webの世界だけを見れば、実際はそうでもないようです。理由はいろいろあると思いますが、もっとも大きなものはWebメディアにはプロの編集者がまだまだ少ない、ということもあるのでしょうか(僕自身がどうかはさておき)。需要が高いにもかかわらず、ライターさんもまだまだ少ない世界ですし。

日本に、コンテンツマーケティングや、コンテンツSEOが浸透し始めたのは2014年ごろですから、まだ2年も経っていません。編集者といえば、それまでは紙媒体が中心だったわけですし、同じことをWebでやろうとしても、やはりいろいろと無理が出てきます

また、これまでにWebサイトの作成を手掛けてきた、例えば、デザイナーさんやIT技術者さんが、文章を書くというこれまでに無い業務を遂行するのも、なかなか難しいものがあります。

その点、ライターさんの中で、かつて紙媒体で書いたことがある人(文章力が優れている)や、コンテンツの見せ方(魅せ方)を知っている人であれば、Webの読み手の心に届くコンテンツを1から作り出すことも可能かもしれません。

 

ライターとディレクターとの甘くない関係?

メディアの力、特にWebメディアの力って、とても大きいと思います。拡散力が大きいですし、より多くの人に伝わる内容になっていれば、そこから企業にとっての利益につなげることもできるからです。

僕自身は現在、クライアント様からのニーズを形にするのが仕事ですから、ディレクターの立場になります。

しかし、僕自身の経験がまったくない分野のコンテンツの場合、その方がクライアント様のニーズに応えられると判断すれば、深い専門知識を持ったライターさんに、ディレクターの役割もお願いする可能性があります。

 

 

いかがでしょうか。

コンテンツSEOの効果がはっきりするまでは、ある程度の時間が必要です。それを作り出すための時間も、かなり必要となることがあります。例え時間がかかっても、ライターさんと編集者がお互いに妥協せず、良いものを作り出すことができれば、時間に見合った成果を導き出すこともできると考えています。

*
*
* (公開されません)