条件の良いライターになるための3つのポイント

条件の良いライターになるための3つのポイント

現在の日本には、ライターと呼ばれる職業を選択する人が増えています。それはもちろん、需要があるからです。Webマーケティングやデジタルマーケティングという考え方が浸透すればするほど、その需要は高くなっていくでしょう。

しかし、クラウドソーシングなどを通じての“フリーライター”は、本当に職業として成立するのか、疑問に思う方もいるかもしれません。今回は、“フリーライター”という働き方を、職業として成立するポイントを考えてみました。

 

稼げるWebライターになるための3つのポイント!

Webライターになるために、特に必要な資格はありません。やる気さえあれば今すぐ始められる仕事です。しかし、必要なスキルはあります。Webライターとしてある程度の収入を得ようとするならば、基本的なスキルを身に着け、それなりの報酬を受けられるレベルを目指していくべきでしょう。

 

リサーチ力

絶対にあってはならないのが、不確実な内容を掲載することです。しっかりした裏付けのある記事にするには、分からないことはあやふやにせず、きっちりリサーチすることが必要です。リサーチは、Webの情報、書籍、有識者へのインタビューなど、必要に応じた手段を取りましょう。正しい情報には説得力があり、ユーザーからの信頼を得るための絶対必要条件になります。

 

文章力・構成力

正しい日本語であることはもちろん、ユーザーが読みやすく理解しやすい構成にすることが重要です。場合によってはイラストやグラフなども必要になるでしょう。グラフィック系のアプリケーションなども使いこなせると、クオリティーの高い原稿を作成することができるようになります。

 

記事に込められた意図を理解できるスキル

実はコレが、最も外してはならない条件です!

「誰に向けて書く記事なのか?」

「読み手は何を知りたいと思ってこの記事にたどり着いているのか?」

「読み手にどのような心理変化を起こさせたいのか?」

記事には必ず、記事に込められた意図があります。ライターは、目の前のクライアントが、なぜこの記事を公開したいのか、その意図をしっかり理解しなければなりません。

その上で、ターゲットとなる読者の気持ちを先回りして、欲しがっている情報をそっと差し出すような記事が書けるライターが、求められているのだと思います。

 

この先、世の中に“求められるライター”になるには?

ライターが書く記事は、正しい情報を元にしていることが絶対条件であり、+αの部分でクライアントの意図を読み取り、読者の気持ちを先回りした記事を書けることが、ライターとしての生き残りに必要不可欠な条件なのです。

Webライターの仕事のジャンルは多岐に渡り、趣味の分野を生かせるような、IT系・スポーツ・美容・医療・旅行などから、主婦目線の記事や子育てもの、ビジネスマン向け、学生向けなど様々です。苦労を厭わない姿勢で臨めるなら、あなたの経験を活かせるジャンルは、きっと見つかるでしょう。

ただし、“これは自分にしか書けない!”という、専門的な方向性を持つことが、一番の“求められるライター”になる、近道なのかもしれません。

 

ここまで読んでくださって、「よし、Webライターをやってみよう!」と興味を持って下さったあなた!

ベンチャーネットでは、これからWebライターを目指そうという方を募集しています。

経験者はもちろん、未経験でもやる気のある方はぜひお問い合わせください。専門分野をお持ちの方や、取材等のできる方には、高単価のお仕事も待っています。

*
*
* (公開されません)